ツルリンゴ塾(3歳児対象):実践編その2

ツルリンゴ塾開講についてのあらすじ


きっかけ:「長男3歳児。ひらがな、数字、・・・ついに勉強を始める?! 」

ツルリンゴ塾(3歳児対象):準備編

ツルリンゴ塾(3歳児対象):実践編その1




b0297229_2325040.jpg
b0297229_2325534.jpg

[PR]
by sun-day-peo-ple | 2017-01-28 23:29 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://singetudo.exblog.jp/tb/26591157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まんじゅうや at 2017-02-16 16:13 x
平面に書いてあるものを立体的に捉えられないって、児童図書館論でも言うてたなぁ。
と、大学時代に想いを馳せました(笑)
普通の迷路を解くのと、道をなぞるのは別の能力なんですよね。面白い。
100回、ひたすら[あ]って書かせると、間違って[お]とか[す]とか、脳の似たようなところに閉まってる別のひらがなが登場したりするらしいですよ〜。
Commented by sun-day-peo-ple at 2017-02-26 15:45
>まんじゅうや様
コメントありがとうございます!
めいろ、トンネルになってるんだよ~と言ってもまだわからないみたいです。難しいけど面白いですね。
100回「あ」って書く根性を作るところからはじめないと・・・笑
ドングリの犯人 >>